〜憧れの曲をあなたらしく

弾きませんか?〜

筋力・重力・脱力の3つの力のバランスを取り

その人本来の“素の弾き力”を引き出す

 

 

 

 

 

『魔法のリストボード』

 

自分の能力を思う存分発揮して

憧れの曲を自分らく弾いてみたい!!

それは、ピアノを弾く者にとって、究極の願いではないでしょうか? 

 

でも、自分らしく弾くって案外難しいものです。

それは、

自分らしさとは、ただ一生懸命練習するだけで発揮できるものではないからです。

 

もし、あなたが

自分らしく音楽を表現したり、

自分らしい音色を奏でたいと思うなら、

肩や腕、手首に入った余分な力を抜き、

身体の特性をいかした無理のない弾き方を習得することが必要不可欠

 

なぜなら

力が入っていると、『弾く』という行為に集中してしまい、

音楽を表現することやピアノ本来の美しい音色を出すところまで

意識がまわらなくなるからです。

 

人は、

自然体で弾くことができた時、

初めて自分らしさを発揮し、

他の誰にも真似することができない演奏ができるようになります。

 

フィンガートレーニング講師として

のべ2000人以上のピアノ学習者を見てきた実績から、

自分らしさを発揮してピアノを弾くためには

筋力と重力と脱力の3つの力のバランスを取ることが大切だということ、

そして、その一番のポイントは

指、手首、腕、身体を思い通りに操る

コントロール力を身につけることだと

実感してきました。

 

でも、多くの人は、

実際に、どのようにコントロールをしたらよいのかわからないと思います。

 

実は、その鍵を握るのが手首です。

 

多くのピアノ演奏者は

手首に力が入ってしまうことで、

指先に意識がいかなくなったり、腕や肩にも力が入ってしまっているのです。

 

私は、この問題を解決するには

手首と指の感覚を切り離すことが一番の早道と確信し、

「誰もが簡単に、その感覚が理解できる方法はないか?」と考えました。

 

それを可能にしたのが、

『魔法のリストボード』です。

 

この『魔法のリストボード』を使ってピアノを練習すると、

手首の動きに一時的に制限を加えることになり、

指だけを動かす感覚を体感できるようになります。

 

すると「力を抜いて弾く」という感覚が理解できるようになるのです。

 

その結果、

音の強弱や音色の変化が作りやすくなり、

その人の素の資質を引き出し、

思いを音に乗せて表現することができるようになっていきます。

 

あなたも『魔法のリストボード』を使って

あなたらしい弾き方を手に入れて、

あなたにしかできない演奏をしてみませんか?

 

『魔法のリストボード』は

ピアノを愛するすべてのピアノ演奏者に体感していただきたい

魔法のツールです。

 

<<演奏の時に力が入っていると・・・?>>

指が速く動かなかったり、音が硬くなったりします。

呼吸もできず、身体全体が固まって、必要以上に疲労します。

自分でコントロールしにくいので、音楽的表現がしにくく、音色の変化に乏しくなります。

 

<<脱力できるようになると・・・?>>

手や腕に負担がかからず、指がスムーズに動くようになり、柔らかな音が出るようになります。

自然体で弾けるので、ピアノと身体が一体となり、楽器本来の音とその人本来の音のコラボレーションを生み出すことができます。

 

<<正しい弾き方で弾くことができれば力はいらない!?>>

私自身、体が小柄で、手も小さく、力を入れて弾いていたために速く指を動かすことができずに悩んだ時期がありました。

中学の時、ショパンの練習曲を最後まで弾ききれませんでした。

どうしたら良いのかまったくわからず、試行錯誤していたら、

ある先生に出会い、身体と指、腕、手首の正しい使い方を教わったのです。

その出会いが、私のその後の演奏に大きな変化をもたらしました。

私のピアノ人生を変えたといっても過言ではないでしょう。

私はその経験を多くの人に伝えるため、音大卒業後、フィンガートレーニングを中心とした後進の指導をしてきました。

一般的には、テクニックをあげるために

“強い音を出すために指を鍛えましょう”

”指を速く動かしましょう”

という指導が多いようです。

 

でも、ただやみくもに指を鍛えていると手を壊してしまいますし、

ピアノを弾くために必要な筋肉がどこにあるのかを知らなければ、

鍛えることもできません。

その必要な筋肉を簡単に意識してもらう方法はないかと考え生まれたのが

装着するだけで余分な動きを抑え、

ピアノを弾くために必要な最小限の筋肉を意識できるようになる

『魔法のリストボード』です。

 

実は強い音を出すために、

肩をあげ、肘をあげ、一生懸命弾く必要はありません。

 このリストボードを使うと、

動かすべき筋肉を意識できるようになるので、

不必要な力が抜け、自然体で弾けるようになります。

 

一度、体得した経験は身体が覚えているため、リストボードを外した後も自然に継続できるようになります。

 

フィンガートレーニング講師の経験から生まれたこのリストボードで、

あなたらしい演奏を引き出すお手伝いができたら幸いです。

 

<<こんな人にお勧めです>>

・力の抜き方がわからない人

・自分らしい弾き方がわからない人

・表現力をつけたい人

・演奏時に力が入ってしまう生徒の指導に困っている指導者の方

 

使い方はこちら


無料プレゼント>

魔法のリストボード冊子PDF

こちらからご登録ください。